一部になっている

ネイルの変遷について知る

現在では、女性のファッションの一部にもなっているネイルですが、その起源としては、マニュキアの歴史として始まっていました。始まりは、古代エジプトで、紀元前3000年頃のミイラにその形跡が認められています。当時は、植物を利用して、爪に装飾を施していた様です。 その後も、世界各地で植物を利用したマニュキアは施されていた様ですが、19世紀に入ると、現在の様な化学合成されたものが販売される様になり、一般の人にもそのマニュキアを利用して爪を装飾する事が広がっていく様になりました。 ネイルサロンが日本にできたのは、1970年代に入ってからの事になります。最近利用されているジェルネイルなどの利用は、歴史としてもまだ比較的浅いものですが、利用者は増加傾向にあります。

今後の動向を予測する

爪に装飾を施す事が、特に女性の間ではオシャレの一部にもなっているため、今後も個性を表現する一つの方法として、ネイルを施す人口は増えていく事が予想されます。現在、オシャレを楽しむ人たちの年齢層も、低年齢化しており、親子でオシャレを楽しむ傾向もあります。その様な点から見ても、ネイルを日常的に実施する人口が増えていく可能性があります。 また、ネイルを施してもらう場合には、ネイルサロンに通う事も多いですが、サロンの数が今後増える可能性も考えられます。ネイルを利用するお客様に、いかに満足してもらえるかが店舗存続のカギともなっていきます。その事からも、ネイルサロンの果たす役割が、爪の装飾に限らず、リラックス効果などをもたらす憩いの場として提供されていく方向性なども予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加